1:提出書類の用意
2:書類の記入 と 動物病院からの領収証のコピー(※原本を送られた場合は返却はしませんのでご注意ください)
3:郵送(切手はご用意ください)
4:ご希望の支援項目手続き・・・お口座への送金 / ご希望のお品をお届け(※郵送代として500円分のポイントを消費します)

 

 

給付金の算出について

 


●2万円以上(合計金額でOK)の動物病院から発行された領収証から算出します。
合計金額の1割を支援します。
ただし、上限は給付金額1万円(合計10万円以上の領収証のコピーが必要です)、100円未満は切り捨てで計算します。

【理由】お振込み手数料を引いた金額が振り込まれるため、1割給付で1,000円の送金が難しいからです。よって合計金額が2万円を超えた時に申請する
か年間で(4月から来年度の4月までが有効期間です)の間に保管していただいた領収証が10万円に達したときなど(上限が1万円なので最大10万円ごとに区切って申請ください)にご請求いただければと思います。

例:4月犬を病院へ。医療費は1万5千円でした
5月猫を病院へ。医療費は8,300円でした。
合計:2万3,300円 ⇒ 請求金額は2,300円 ⇒ 振込手数料(例220円)を引いて2,080円 が支援される金額です。
支援物資ご希望時は 2300ポイント分 ⇒ 郵送料金500ポイントを差し引いた物品等 ⇒1800ポイント分のご希望商品等をお届け。

 

 

該当するご請求

1:会員として登録されていること
2:対象は一般のご家庭で飼育されている犬や猫、そのほかの「ペット(愛玩動物)」として飼育されている小動物。
3:登録されている保護団体・個人ボランティアが保護している(室内管理)小動物。

※現状はTNRについては支援に該当はしません。(← リリースする地域猫は該当外)
ただし、捕獲し、保護し、施設等建物内での室内飼育にて管理されている「里親支援をする対象」の犬や猫についての自費による不妊手術についてはこれにあたりません。ご請求対象となります。

【理由】TNRについては無料チケットがあるほか、悲しいことですが一斉TNR時等に無料チケットを使いながら地域の方に手術費用などを請求するボランティアや謝礼を受け取り計上しない団体がいるため、該当に含めることができません。ですが短期・長期にわたるシェルター内(家庭内)飼育に関しては支援の対象にあたります。

 

 

お見舞い支援のお支払い・支援品発送の発送について

「お見舞い支援」については ペットと呼ばれる小さな家族 についての啓発活動につながるように、とご賛同くださる様々な企業・事業主様をはじめ、個人賛助会員の皆様から「殺処分ゼロ」「悲しい命を増やさない(遺棄等)」「小さな命を通じての子供たちの心の育成」としてご支援いただいた財源で賄われます。
※財源が100万円を下回るときは「一時的に送金での支援を停止」をします。財源が戻り次第申請された順に随時支援付与を再開します。ですが物資での支援申し込みは継続・随時受付ます。

※スタート時は事務処理も初めての対応で遅れが出る場合もありますが、皆様と一緒に犬や猫、ペットと呼ばれる家族のために改善改良をしてまいりますので、互いに支え合う一員としてご意見やご提案などサポートお願いいたします。

TOP